FC2ブログ
 
■プロフィール

黒尾

Author:黒尾
 アメリカンピットブルテリア・クラップとバセンジー・エマの日常。2014年からブルマスティフ・リジーが仲間入り

クラップ-2006.10.9生まれ
エマ-2007.2.8~2014.3.8
リジー-2014.7.14~2018.8.20

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■リンク
漏れた!
20100110.jpg
 この前の博物館の恐竜です。みんながしきりに撮ってたので私も疲れた体に鞭打って撮りました。やっぱり迫力ありますね~。

 20100125.jpg
 最近、クラップが水をがぶ飲みするのでおしっこがとても近くなりました。人が傍にいないと漏らしてしまいます。ていうか漏らすのはたいてい人の目の前です。わざとしてるように思えてなりません。

 今日はお休みで久し振りに散歩も堪能したし、午後から私は上でPCやっていたのですが、下の子が帰ってきた直後に漏らしました。明らかに誰かの目があるまでは我慢しているんですよね。それに本当に我慢してたら途中で止まりませんよね。クラップはいつもちょっぴり漏らします。多分小型犬が我慢してから思いっきりしたくらい?

 その後上の子が帰ってきてからブルブル震えて、また庭に出て行きました。
水のがぶ飲みもなぜなんでしょう。ドッグフードはふやかしてから上げるのですでに水分がたっぷりです。だからエマはほとんど水は飲みません。クラップは水が十分に入っているえさを食べてもさらにガブガブ飲みます。そしてトイレ。毎日なら異常だと思うのですが、毎日でもなく忘れた頃に起こります。なんでもストレスのせいにしたくないけれど、やっぱりストレス?

 私が家にいるのにずっと上にいるのがダメなのかしら。だとすると相当甘えん坊さんですね。でも病気だったら大変。今月中にワクチンをうちにいくのでそのときに聞いてみようと思います~。

 201001251.jpg
 エマちゃんは、ビビリです。この前散歩中に隣市の森に入りました。森は全部市の持ち物だと思ったらそうでもなくて個人所有の部分もあるようです。それで私は個人所有のほうから森に入ってしまったようです。以前は柵がなかったのにおそらく市との境界線に柵ができてました。

 戻るのも面倒なのでガードレールみたいな柵を乗り越え市側の森へ。
クラップたちは下からくぐれば問題なし。

 なのにエマは私の後を追って焦って柵を飛び越えようとしました。
後ろ足が引っかかって飛び越せず。まだ1歳前のときにゴミ捨てに行く私を追いかけようと柵の隙間から飛び出てやっぱり後ろ足が引っかかった事件を思い出しました。

 クラップはそのときぼんやりと座ってました。私が置いていくわけがないと信じきってるんでしょうか。エマにも早く信用してもらいたいな~。

 下からくぐるように指示したら落ち着いて移動して来ました。私が柵を乗り越える前に「マテ」しておけばよかったのかな。


 ここでクラップとするゲームのご紹介。
おやつは一瞬で食べてしまいますよね。それではもったいない。というわけでコングに詰めてあげたりしていたのですが、もっと楽しく頭を使うかもしれないゲーム!

 それは宝探しです~。

 まずクラップを廊下で待たせておやつを数個隠します。
その後クラップに探させます。

「どこいった? どこ?」と言っているうちはおやつが隠れてます。だいたい3つくらい隠します。
クラップは必死です。鼻をめっちゃひくひくさせて、上のほうを嗅いだり、下のほうを嗅いだり、部屋中をくまなく探します。

 最初は見える場所においていたのですが、今は難度を上げて見えないところに隠します。
とっても生き生きと真剣に探してますよ。まるで麻薬捜査犬みたいに。

 最後の一つを見つけたら褒めて撫でてあげてお終い。

 しかしこのゲーム、本来なら嗅覚の鋭いエマちゃんのほうが楽しめるかも。
と思いやってみました。でも……失敗。

 エマちゃんは私とバリケンを行ったり来たりするばっかりで探しません。
貰う事ばっかりに頭がいってます。
 エマの食べ物への執着はすごいです。ペットショップで最初に指示されたえさの量はブリーダーさんが勧める量の半分以下でした。常に飢餓状態だったのかもしれません。エマちゃんがバセンジーの中で小ぶりなのは成長期にご飯が足らなかったせいもあるのではと思ってしまいます。

 とにかくエマの勢いはすごくてクラップのご飯も奪います。手渡しすると欲しいばっかりで人の指まで噛む事も。訓練士さんに教わったとおりに勢いつけてきたら阻止するので、ましにはなってますが執着心が消えたわけじゃありません。焦らなくてもご飯は必ずもらえると教えてあげたいのですがムズカシイ。 

スポンサーサイト



pitbull | 17:38:10 | Trackback(0) | Comments(4)
国立科学博物館
 冬休みの間、実家に預けていた子供たちをどこかに連れて行こうと思いたち。

 ちょうど新聞で見に行きたい博物館TOP10をやっていたので博物館にいってみよ~となりました。


 上野の国立科学博物館。
さっそく汽車の写真を撮っているファミリーが。

 でも。
小金井公園にもあるもんね~。というわけでスルー。
そういえば私、愛知県にある明治村で汽車に乗ったこともあります~。
遠足できたためにすし詰め状態でした。

 国立科学博物館は日本館と地球館に分かれてます。それぞれ地下3階から地上3階まで。
地球館を下から順に攻めることに。

 そのまえに。
この国立科学博物館には愛知万博・長久手館にあったシアター360が移築されています!

 早速、懐かしいねえと入ることに。

 上の子も下の子も、ほんの3年前のことなのにもう忘れてました。
あんなにアホみたいに並んで(4時間くらい?)入った長久手館。その映像も全て頭の片隅にもない様子。

 360度全てが画面で、人は真ん中の橋に立って眺めるのですが、どこを見たら良いのか分からなくなります。
ただ最初に空いてる場所に行ったらどうもそこは後ろ側だったようで。さすがなれてる方は正面を心得てらっしゃる。

 長久手館で流していたフィルムは毎週金曜の7時くらいに一度流すだけと注意書きにありました。もっと流せばいいのに~。

 
 その後いよいよ地球館へ。目立つのがソファで座り込んでいる方達。もう疲れ果てて寝ちゃってます。まるでデパートとかみたい。最初はな~に?と思ったんですが……。

 地下3階から展示を眺めて進み、地下1階くらいになるととても疲れました。
死んだように寝てた人たちの気持ちがよ~く分かりました。

 1階に着いたら、「この展示を見てもう帰ろう」と言ってしまいました。誰も「嫌」と言いません。みんな疲れてました。見たかった恐竜の化石みたしね。

 そして池袋についてから定食屋さんで食べました。大江戸屋だったかな。美味しかったです。
その後私はジュンク堂に行きたくなってみんなと別れました。

 ジュンク堂はたくさんの本があって大好きです。

 疲れながらも本も買って、家に帰りました。
もうすぐ家という時に、散歩中のエマと人影を発見。
「エマ」
と呼ぶとエマちゃん喜んでダッシュ。

 しか~し。
暗くている事が分からなかったクラップがエマを押し退け突進。
嬉しさのあまり飛びつく、飛びつく。

 エマちゃん、すっごく怒りました。
「なによ。あんた! キ~ッ」って感じ。
名前呼ばれたのはエマちゃんだもんね~。クラップには体格では勝てないもんね。

 
 朝の散歩のとき、嬉しい事がありました。
エマちゃん。もう二度と他人には撫でさせないんでは?と心配していたエマちゃん。

 しかし犬好きな人に、「最近人に触られると怒るんですよ~」と前もって説明したら、エマちゃんのペースに任せて匂いを嗅ぐまで手を振れずに待ってくれました。

 そうしたらエマは、その方の前でオスワリして、撫でられても嬉しそうでした。

 そこまで人嫌いではなかったのね。でもクラップみたいに全ての人を受け入れてよ~。 

pitbull | 20:02:52 | Trackback(0) | Comments(2)
なんだか
 なんだか落ち込んでます。
お店で働いてもう1年ですが、あまり進歩がありません。

今日ついに先輩のパートさんに注意されました。
もっと周りを見て動くようにと。

あ~。私もなんだかみんなと違う世界にいるような感覚がありました。

 頑張っているつもりですが、やらねばならない事が多くて、何もできません。
あれもこれもやらなくてはいけない。でも接客しないといけなかったり、食器が溢れてたり。
ようは要領が悪い。分かってるけど、どうすれば良いのか掴めない。
もうやめたいな~。しかし小心者なので辞めるとも言い出せるとは思えません~。
「あちゃ~。今日は黒尾と一緒のシフトかよ~」と職場の皆さんに思われるんではとすっごい被害妄想にまで取り付かれました。
 今日はブルーな気分で日記を書いてます。伝染してしまったら申し訳ないです。

 
 木曜日はアニマルプラネットで「フェニックス動物警察」があります。
虐待された動物がレスキューされて治療されて文句のつけようのない家庭に里子に出されて幸せになる。そんな番組です。中にはレスキューが間に合わずに死んでしまう子もいるし、多頭飼育で伝染病が蔓延し安楽死させるしかない子達もいます。でも最後に幸せになった子達のその後を流すのでなんとなくハッピーな気持ちで見れます。

 その前の番組でブリーディングの番組があってこの前はブルテリアでした。
ブルテリアってかわいいのね~と見ていたのですが……。

「ブルテリアは強暴なイメージがついてしまいました。それはその体格からピットブルと混同されたからです」
聞き捨てならない一言。

「ピットブルは動物や人を襲います。しかしブルテリアには一切の攻撃性はありません」
そしてピットブルとブルテリアの見分け方を詳細に説明。ピットブルの背後には「ナチュラルボーンキラー」の文字まで

 ちょと酷くないですかね。
生まれながらの殺人鬼って……。


 ブリーディングのすべてって番組で他犬種の誤解を招くような放送をして欲しくない~。
ピットブルだってべつに普通に育てたら普通の子です。

 クラップは確かに挑発屋さんかもしれないけど。
どの獣医さんでもおとなしいって太鼓判押されますよ。それにもしもクラップがナチュラルにキラーだったらエマちゃんはこの世にいないでしょうが。攻撃性を高める訓練さえしなければピットブルはただのそこらの犬と変わらないと思います。コリーに他の動物を攻撃するように教えるよりはピットブルに教えるほうが楽ってことでしょう。



 最近一緒に寝ていた私たち。
しかしエマの冗長が酷く、ついにクラップがキレました。

 エマちゃんは場所を守る意識が強いです。
それはバリケンだったり、私だったり、自分がさっきまで寝ていた場所です。
もちろんクラップを近づけないように守ります。

 そして出来るだけ特等席をとろうとしているのかもしれません。

 ベッドで寝るとき、エマにとっての憧れの特等席はクラップがいつも寝ている場所でした。

 
 その日クラップは暑かったようでいつもの場所から外れた、私の足元で寝てました。
エマちゃん日に日に布団の中でクラップの特等席に近付いていたのですが、ついにその場をGETしました。
そして威嚇。

 常々接近してくるエマにムカついていたかもしれないクラップ。逆襲。

 足元で大騒ぎになり布団を捲ってみると……。

 クラップに首を前足で押さえられているエマ。必死。
床に縫い付けられてじたばたするもクラップの前足を退かすことができません。

あんまり情けない姿に「やめてあげて?」と声をかけたのが運の尽き。

 エマちゃん形勢逆転とばかりにベッドで大立ち回り。
「私はやっぱり強い! お母さんも私の言いなり!」ってとこでしょうか。
ベッドをぐるぐる回って主張してます。

 クラップは叱られたと思った瞬間にベッドの下に降りてしょぼ~ん。

 
 上手く対処できないなら手を出したらダメなのかも。
でもね。クラップとエマには申し訳ないけど、私が育てるしか道はない。
遠回りしても見当違いのことをしても一緒に生きるしかないですね。

 というわけで明日、というか今日も仕事だし、散歩に行くぞ~。

pitbull | 01:56:03 | Trackback(0) | Comments(0)