FC2ブログ
 
■プロフィール

黒尾

Author:黒尾
 アメリカンピットブルテリア・クラップとバセンジー・エマの日常。2014年からブルマスティフ・リジーが仲間入り

クラップ-2006.10.9生まれ
エマ-2007.2.8~2014.3.8
リジー-2014.7.14~2018.8.20

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■リンク
風船
 以前買った風船が部屋を整理していた時に出てきたようで子供たちが遊んでます。
以前よりも大きくなったせいか、その遊び方もますます激しく大胆に。しかも取っておいた風船は大きいものばかり。

 根を上げた犬が一匹。

 クラップです。同じ部屋にもいられません。

 始めはバリケンに入って息を殺してました。
でも子供の手でぶんぶん振り回される風船の動きが奇怪なんでしょう。

 ついに逃げました。

 どこへ?

 脱衣所です。

 私が風呂に入っていたら狭い脱衣所で丸くなってました。
夏なんかは廊下で寝ていることは普通だし、子犬の頃は扉の前に来て寝てましたけど。
ここ数年はなかったですからね。

 何事と思いました。

 その後、テレビを見ていたら追ってきて、当たり前のように膝の上へ。
30Kgのくせに膝で眠れると信じきってます。昔の拷問のようですが鼻息を荒くして甘える姿は癒し。

「かわいいんだろう~。嬉しいんだろう~」

 夫に言われました。
もちろんかわいいし、嬉しい。頼ってもらえたら嬉しい。かわいい。
 本当は犬のためには良くないんだけど。


 海外では柴犬が人気だそうです。ズームインでやってました。ニューヨークのセントラルパークでは柴犬友の会を結成し、週末は集まって情報交換したり、一緒に散歩するそうです。30頭集まる時もあるそうです。

柴犬が好かれるその理由は
1.立ち耳、巻き尾。←バセンジーだって!ともちろん突っ込む。

2.清潔好き。部屋で粗相をしないのがいいそうです。←バセンジーだって! 毛づくろいするくらい清潔好きだし、バリケンで下痢ピーのときは扉に向かって発射して中は汚しませんよ!!!

3.忠誠心が厚い。
3を検証するために、柴犬VS洋犬で飼い主さんがリードを渡した時にその第三者についていくかの実験。
ダックスちゃんやプードルが第三者に連れられて飼い主に背を向けるなか、柴犬は抵抗して飼い主の元に残ります。

 これは違うでしょ!
飼い主から離れられないのは忠誠心じゃなくて、依存でしょ。
病気になった時とか緊急の時、離れなくちゃいけないことはあるでしょう。ついていけるようにしないと。
 うちの場合、エマは誰にでも付いていきます。クラップは「えっ? 黒尾は?」と立ち止まりますが促されたらついていきます。他に直さないといけないことはたくさんあるのですが、たまには自慢させて。

 バセンジーは日本の犬ではないのでズームインでは特集してもらえないんですよね~。残念。


 数年付き合いがあるのに犬を飼っているということを互いに知らずにいた友人がいます。彼女はチワワを3頭飼っていて、私も犬種を聞かれました。「多分知らないと思うけど、バセンジーとピットブル」
 なんとなくバセンジーを先にいうのはバセンジーなら知ってるかもと思うからです。犬種図鑑を見たら載ってる犬だから。

 しかし友人は「バセンジーは知らないけどピットブルは知ってる。シーザーの番組に良く出てくるから~」
 それを聞いたらアドレナリンが大放出。
「バディでしょ!」と興奮してしまいました。身近にシーザーの番組を見ている人を初めて発見しました。なぜこんなにテンションが上がるのか。嬉しかったです。

スポンサーサイト



pitbull | 11:42:58 | Trackback(0) | Comments(0)
ホラー再び
20106211.jpg
 今はこんなふうに寝てますが、昨日はひどい目にあいました。
ぞーっと背筋が凍りました。


 最近、私は干されてます。
つまり、シフトにはいれません

 週に4日多いときは5日あった仕事が3日休んで1日入り、また3日休み。なんて状態に9月からなっちゃってます。
理由は他の方がバリバリ働いているから。私みたいに空いてる日に入れてください~。なんて言っていたら出番がまわってこない

 お陰様で体力を別のことに使えるようになりました。
まず荒れ果てた家も子供の友達を呼べるくらいに回復。そのうち草むしりだってやったるで~。

 もちろん散歩もはりきります。


 しかしこれが裏目に。

 久し振りに金山の森に入り込んで……。



 クラップの身体を拭いて家にいれ、次にエマちゃん。エマちゃんはさすがアフリカの犬だけあってお腹のほうは地肌が見えそうです。そして胸の辺りに黒いぽつぽつが。

 ほこり?

 いえいえ。

 1ミリメートルにも満たないようなマダニです。



 あ~れ~っ。

 よく見れば足からお腹にかけて。ここにもそこにもあそこにも。

 フロントラインをぶっかけて、ピンセットで取っていきます。。まだ皮膚の中に頭入れてないので簡単に取れる。

 洗ってからのほうが良かったな~。フロントラインをかけてからそう思いました。
たぶん50匹以上はいたと思います。一時間はかかりました。エマが大人しかったのが嬉しい収穫です。


 もしかしてね~。
日向で寝転ぶクラップににじり寄ります。


 あんぎゃ~っ。

 ホラーです。
ホラーですよ。

 3cm四方に満たない毛の根元にびっしり。20匹以上ついてる。エマよりも酷いッ

 全面的にちょっとずつっていうのではなく、まだらの模様みたいにマダニ密生地があっちにもこっちにもそっちにも。

 迷わず風呂に行けと命令。尻込みする尻を押してシャワー攻撃。
エマの時よりも時間がたっているせいか、シャワーでは取れません。

 え~っ。

 獣医さんで勧められたアレルギーを抑えるシャンプーに殺菌と書いてあるのでそれを使ってごしごし。
ひーっ。マダニは取れないのにクラップの肌がアレルギー反応起こしてる。

 食いついてないマダニは取れたと信じてシャワー終了。
ピンセット片手にレッツトライ。

 お肌がぼこぼこでしたがフロントラインをつけました。

 結局フロントラインをつけて数時間後にはマダニは死んで勝手に外れました。

 まずはフロントラインをつけて数時間待つのが一番体の負担がないかもです。それにしてもこんなにマダニがついたのは初めて。

 フロントライン、しないとね。でも身体洗ってから~。今度の3連休で洗おう~。なんて思っていた矢先のことでした。



 

pitbull | 15:37:01 | Trackback(0) | Comments(0)