FC2ブログ
 
■プロフィール

黒尾

Author:黒尾
 アメリカンピットブルテリア・クラップとバセンジー・エマの日常。2014年からブルマスティフ・リジーが仲間入り

クラップ-2006.10.9生まれ
エマ-2007.2.8~2014.3.8
リジー-2014.7.14~2018.8.20

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■リンク
やっぱり。
 今日は家庭訪問の日でした。年末の大掃除はしなくとも先生の前では見栄を張りたいもの。それで計画的に頑張って掃除しました。今回はクラップもフリーにしておこうかなと思ったんですが。

「先生が来るよ。クラップしまって」
下の子にそう言われると途端に自信がなくなって、バリケンに入れてしまいました。
先生が話している間ずっと吠え続けるクラップ。
 しかもあんなに掃除したのに先生は玄関で立ったまま。え~。下の子が「お茶入れてよ」っていうからお湯も沸かしてスタンバイしてたのに~。

 ふう~。というわけであれだけ頑張ったのにちょっとがっかり。
しかしその後、ソフトバンクの方がアンテナ設置でうちに来ました。なんでもアンテナの立ちが悪いうちには無償でアンテナを設置してくれるそうです。もちろん電気代はうちが払うんですけど、これでユーチューブがぶちぶち切れなくてすむと内心嬉しかったです。
 測定のために家の中に入ります。クラップは試しにフリー。下の子とソファで寛いでいたクラップ、大柄な男の人の突然の訪問に驚いてました。

 しかし。
測定のために彼が背中を向けると「今や!!!」とソファから身を起こそうとします。もちろん黙ってみている私じゃなくってよ。「シッ」とタッチしてやったら寝たまま動かなくなりました。

 そうだよね。先生の時もフリーにしておいてそのつど合図すれば話している間吠え続けるなんてことなかったのにね。来年はそうしようっと。でもソフトバンクの方はかなりビビッてました。先生もクラップがフリーでいたら嫌だろうね~。

 
 エマちゃん。私を血が出るくらい噛んだエマちゃん。傷は塞がったもののもう二月はたつのにいまだに完治してません。消毒しなかったから直りが遅いのかも。しかも噛んでから2週間後再び同じシェルティとすれ違った時また私を噛みました。お尻の下に青痣ができました。座るたびに痛んで私を苦い思いにさせます。

 獣医さんに小言を言われてエマちゃんはチョークチェーンを止めてました。でももう背に腹はかえられません。
チョークの出番です。

 何時も線路沿いを歩く時、電車が通ると「私、逝きます!」と電車にダイブしようとするエマ。
チョークにしたらさっと合図するだけで無視してとことこ歩く。

 大きくても小さくても、吠えても吠えなくても、犬と見れば「臭いかがせろ~」とヒヒーン状態のエマが、好物のよく吠える小型犬を見てもスルー。

 なんだよ~。
そんなに簡単なことだったの?

 エマちゃんが幽体離脱して、別のワンが体に入っているんじゃ?と思いたくなるような光景でした。


 もちろん夫が散歩に行った後は、またヤンチャな自由人に戻ってしまいますが、しばらく私が散歩すればまた周囲からの賞賛の眼差しが欲しいままに。

 今朝は庭でクラップに威嚇していたのもなくなりました。

 
 もちろん、いい日もあれば悪い日もある。少しのきっかけで今まで以上に悲惨なことにもなるでしょう。もうクラップは大丈夫と合図を送らなかったら犬に向かっていったようにね。

 犬のしつけにゴールってないと思います。毎日繰り返すしかない。クラップは本能的に戦う犬だし、エマは猟犬の上に神経質だから。でも盛り上がるほどの筋肉を酷使する必要がなくなる日が来ると思います。ただ合図を出すだけでクラップもエマもハッと我に帰ってくれる日が。

 

スポンサーサイト
pitbull | 16:39:15 | Trackback(0) | Comments(4)
暑くなってきました。
 散歩するには涼しい時間が良いですね。私は早起きさえすれば散歩に丁度いい時間に散歩できる恵まれた人なのでがんばって早起きしたいと思っています。

 夏のことを考えると暗くなってしまいます。仕事中に突然一瞬でも停電になればクーラーをかけてお留守番させているクラップとエマの死に直結してしまいます。そもそも輪番制で停電がまわってくるならクーラーなんてかけられない。

 庭に出しておけばと犬を飼ったことない方は言います。蚊に猛襲されちゃうよ!!!
それに主のいない庭に放し飼いになんてできない。

 201105162.jpg
 散歩の後のボーっとしている時間。すっきりした顔を見ると散歩に連れて行ってよかった~と思います。エマちゃんはこちらには載せたくないボロボロソファでどべっと寝ています。
 老人ホームの前を通ったら以前「変な顔」といって笑っていたおばあさんがまたいて「ブルドッグ」と叫んでました。心が狭いので無視しました。

 そうかと思うとヤンチャ系のお兄さんが「ピットブル。すげっ」とかいいます。ピットブルを知っている人に会うのはちょっと驚きです。

 そういえば以前、投稿で武蔵丸関がものすっごくごつくて大きいブルドッグを散歩していた。というのがありました。紹介されていた絵は腹が断つほどに特徴をよく捉えている。
 そうです。武蔵丸関はピットブルを飼っています。とっても素晴らしい犬だと思いますよ。子犬の写真しか見たことないのですがすごいっと思いました。
 こんな特徴的な絵を描けるのならちょっと調べてピットブルだと紹介してよね~と思いました。


 リュック効果なのか知りませんが、クラップも一回り筋肉が成長してよりがっしり体型に。なれてない人がこんなに筋骨隆々の犬と二人きりは怖いだろうな~と自分でも思ってしまいました。
 通り過ぎる時に「かわいい」とはまず言われないクラップ。「すごっ」「強そう」とつぶやかれます。
一頭だと話しかけてくる人いません。エマが傍らを歩くことででこぼこコンビはみんなに話しかけられます。
 たいていは微笑ましく映るようですが、2頭連れて歩くことを非難してくる人もいます。私の筋肉だって伊達じゃないのよ~。


 201105163.jpg
 去年の今頃、はじめての旅行に行ったっけ。震えるくらい夜は寒い山中湖のコテージ。

 20110516.jpg
 誰も来ない道をこんなふうに散歩したのが懐かしい。

 201105161.jpg
 この坂を上りきると富士山が見えるのです。綺麗だったよな~。
鉄腕ダッシュでこのコテージは取り上げられたそうで、ますます予約は取りにくいだろうな。

 涼しかったよね~。夏は皆で避暑に行かないと~。
暑さがどうにもならなかったら最後の手段は実家に犬たち疎開だね。

pitbull | 14:24:48 | Trackback(0) | Comments(0)
一歩進んで二歩下がる。
 春休みは実家に3日ほどいました。下の子を新幹線で実家に連れて行ったのです。そうです。ガソリンが売ってなくて車はただの大きな鉄の塊でした。
 スーパーは閉店セールさながらに商品がほとんどなかったです。どうやら私が仕事帰りに買い物に行くので間に合わなかっただけで午前中なら普通に買えたようです。

 西部線は照明を落として真っ暗。池袋についても最低限の照明なので穴の中にいるって感じ。山手線は照明がついていてホッとしました。みんななんとなく暗いんですよね。表情が。

 名古屋についてホッとしたのはこれでもかってくらいの明るい街並み。人も都内よりも生き生きしている感じでした。そのころの都内は放射線が飛んでいると言うデマや憶測が飛び交って洗濯物を外に干す家も激減でした。
 私もお店の同僚の旦那さんからの「今、埼玉に放射能が来てる。子供たちを外に出すな!」という鬼気迫る電話に慌てて家に電話して「外に出たらダメなんだって」と。青空なのに家の中で洗濯物干したり。

 がらがらの棚ばかりのスーパーで買えるもので献立を考えるのも侘しい。そもそもみずほのシステムダウンでお給料の振込みがストップしてる。必要な分だけ下ろす我が家では大打撃。
 だから名古屋に着いたら開放感でいっぱいになりました。

20110402.jpg
 平和に日向ぼっこしている実家の猫。

201104025.jpg
 今回の帰省で猫たちが完全に私を忘れたことに気づきました。この迷惑そうな顔!クラップやエマは犬なので触りたいだけ触らせてくれるけれど、猫は……。信じられないくらいの引っかき傷をくれました。

201104022.jpg
みかんちゃんとのご対面。見た目よりも身が少ない。びっくりするくらい細かったです。動くぬいぐるみと称されることが多いですがまさにそんな感じ。小さい熊って感じ、かわいいですね。

201104021.jpg
 クラップやエマと違って頻繁にピョンピョンしてます。プードルって跳ねやすいんですね。シーザーの番組でも跳ねているプードルいましたもんね。
 トイレはほぼ失敗しないそうですが、私がトイレの近くに座っていたら通れなかったようでベッドでお漏らししちゃいました。ごめんね~。
 みんなに可愛がられてすくすく育っている姿は微笑ましかったです。


 リュック背負って散歩行くようになって、クラップばかり褒めることが増えました。
クラップは大型犬の前では気配を消します。怖いみたいです。この前ラブラドール二頭からめっちゃ吠えられたけど完全スルーでした。中型犬が吠えてきても無視です。興味がないみたい。

 クラップがその気になるのは小型犬。しかも家を通るたびにベランダから吠えてくるマルチーズやダックス、中型犬だけどよく吠えられるコーギーには興奮します。たまに合図が上手くいけば無視できますが、遅いと飛び上がってしまいます。いまのところ問題はこれくらい。吠えられなければ小さくても素通りできます。仁王立ちになって悪電波送信してくる小型犬には興奮します。注意をそらすのが難しいです。吠える犬がいる家を覚えていてその道に入ったらもう興奮しちゃいます。ビクトリア流犬のしつけでは興奮したら3歩戻るとありました。その言葉のとおりに森に面しているお庭の犬の前で練習させてもらったときはぬかるんだ道を30回くらい往復しました。
 最後にはクラップも飽き飽きして犬が吠えても無視しました。その後、30回も繰り返した道ではもう興奮しません。そこの犬自体居場所を替えてしまいました


 子供の頃、近所の柴犬に背後から触ろうとして噛まれた経験のある私は、びっくりしても驚かない犬にしようとわざと背後からワッて触ることが良くありました。そのせいか、シーザーの言うびっくりするポイントをついてもクラップには通じません。
 犬を正気に戻すタッチを犬によって使い分けているのでそれに倣おうと日々頑張ってます。この前ピットブルのしつけをしていたとき、シーザーは他の犬種と違って首に両手で触っていたし、クラップにも正気に戻るつぼがどこかにあるはず。

 ハトもチョークチェーンで合図をすれば無視するように。
庭に出ていてお隣さんを見ても、門に突進することもなくなりました。
 意味もなくクラップを甘やかさないように注意して、これからもがんばります。


 エマは、自分のバリケン、家のソファ、庭のソファ(の残骸)そして玄関の所有権を常に主張しています。
子どもたちが門を開けて家に入ろうとすると飛んできて飛びつき、かばんやズボンに噛み付いたりします。唸ったりもします。
 怒ろうとしてもすばやくて近付いた時にはもう走り去っていることがほとんど。
シーザーの真似して睨みあうことにしました。ポーチは私の場所だと主張することに。エマが退くまで私が仁王立ち。
 そうしたら昨日、私より先に玄関に向かって走っていったもののポーチにはのらず待ってました。やっと通じたの~。と思ったら今日は当たり前のようにポーチにのってました。今から散歩に行って、ポーチの所有権を主張してきます。

pitbull | 18:44:54 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad