FC2ブログ
 
■プロフィール

黒尾

Author:黒尾
 アメリカンピットブルテリア・クラップとバセンジー・エマの日常。2014年からブルマスティフ・リジーが仲間入り

クラップ-2006.10.9生まれ
エマ-2007.2.8~2014.3.8
リジー-2014.7.14~2018.8.20

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■リンク
君に届け
犬という生き物に忖度はない。
たまには気を使って欲しいこともある。

こう君はクラップのこともリジーのこともとても可愛がっていた。エマのことは怖がっていた。

たとえば娘っ子が誤ってエマの足を踏んだときは、エマは何すんねん!と二本足で立ち上がって娘っ子に抗議するくらい。

私が誤ってエマの足を踏んでしまった時、エマは怒ってその怒りをこう君にぶつけた。

こう君の足首をガジガジと噛んだ。この足かー、悪いのはこの足かーって。もちろん甘噛みの範囲だったんだけど、罪もないのに八つ当たりされることが続くとねー。

こう君は幼少の頃にクラップと一緒に寝たがった。
でも呼んでも来ないクラップ。こう君が悲しそうにクラップを呼ぶ声は二階まで聞こえてきた。

こう君がリジーを撫でていたら、すっと立ち上がり私のそばで横になるリジー。こう君の愛はなかなか届かない。しつこいってのもあるんだろうけど。

私も末っ子で実家の犬には世話しても世話してもバカにされていたのでこう君の気持ちが痛いほど分かる。私も子供の頃は独りよがりに可愛がって他所の犬には嫌われるし、大学生になってすら噛まれたし。

犬の気持ちを考えるようになったのはクラップが来てからだいぶだったから。クラップが来た当初はアルファシンドロームなんて言葉が流行ってて私もトップにならなければと強権的だったように思う。
クラップには悪いことをした。

20181028130419731.jpeg

クラップに毛布かけるのってこう君くらいなんだよね。だからクラップにこう君の気持ちが伝わるといいな。


20181028130536d64.jpeg

公園に井戸があった。17m掘ってるそう。湧水と同じ水源なのかな?



201810281308334b1.jpeg

散歩が終わってヘタリ込むクラップ。ここまで歩けば満足かな?

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

にほんブログ村 犬ブログ ブルマスティフへ

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンピットブルテリアへ

いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト


pitbull | 13:11:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad